横浜市青葉区のたまプラーザ南口クリニック
皮膚科 形成外科 美容外科科 美容皮膚科

たまプラーザ南口クリニック
ご予約・お問い合わせ tel.045-914-6678

〒225-0003
神奈川県横浜市青葉区新石川3-15-2
シェモアたまプラーザ2F

MENU

  • HOME
  • 当院のこだわり
当院のこだわり

0歳から100歳を超える患者さままで、幅広く頼っていただける皮膚のかかりつけ医です

皮膚の症状に幅広く対応するため、アトピー性皮膚炎や水虫、あざの治療はもちろん、皮膚がんの日帰り手術まで行っています。また、スタッフが一丸となり、気持ち良く過ごせる空間の提供に努めています。

皮膚科を選んだ理由と診療に対する思い
症状の改善を目で見て確認できること、患者さまの喜ぶ姿がやりがいとなっています

皮膚の症状は改善へと向かっていることが、医師だけではなく患者さまの目から見ても分かるということが皮膚科を選んだ理由です。治療が結果を伴うときは喜んでいただけるので、やりがいへとつながっています。患者さまは症状の改善を期待して受診されますから、その思いに応えられるようにまい進しています。

私は開業前、皮膚科に10年間、形成外科に7年間勤務しました。皮膚科では皮膚がんの手術に携わっていたため、現在も日帰りの手術に対応しています。実際、ほくろだと思って来院された患者さまから皮膚がんが見つかり、当院で手術を行ったこともあります。薬やレーザーによる治療から手術まで、幅広い治療を提供できることが当院の強みだと考えます。

対応している年代、症状について
0歳から100歳を超える高齢者まで、しみ・ニキビ・水虫など幅広く診療

生後2週間ほどの赤ちゃんから100歳を超える高齢の患者さままで診療しているため、ご家族全員のかかりつけ医としてお力になれるよう努力しています。美容皮膚科や美容外科も診療していますが、来院される大半の患者さまはアトピー性皮膚炎や水虫などの一般的な皮膚の症状です。通院されているうちに「しみが気になる」「薄毛が気になる」といったお悩みを相談される方もいらっしゃいます。当院で最近増えている美容皮膚科・美容外科の相談としては、男性では男性型脱毛症(AGA)やしみ、女性ではしみの治療やシワに対するボトックス治療、ヒアルロン酸注射などです。
また、働いている方にも通っていただきやすいように、土曜日午後にも診療時間を設けています。

あざの治療について
レーザー治療機器を充実させ、青・赤・茶などの幅広いあざの症状に対応します

青あざ・赤あざ・茶あざなど、あざにはさまざまな種類があります。当院ではQスイッチルビーレーザーや色素レーザーをはじめとするレーザー治療機器を導入し、大部分のあざに対応できるようにいたしました。

あざに幅広く対応できることと設備を充実させていることなどもあり、大きな医療機関から当院へ紹介していただくこともあります。また、広範囲に症状がある方や全身麻酔を必要とする疾患などに関しては、連携している医療機関を紹介させていただきます。

スタッフについて
一丸となって、気持ちいいと思える空間の提供に力を入れています

スタッフには「自分がしてもらいたいと思う対応をするように」と指導しています。例えば、トイレやパウダールームは診療時間終了後に清掃することはもちろん、次にご使用される方が不快な思いをなさらないようにご使用後はその都度清掃するように心がけています。これは開業当初から続けており、院内の全員が一丸となって患者さまに気持ちいいと思っていただける空間の提供に努めています。

このように、スタッフが同じ意識で仕事に取り組めるよう、定期的にミーティングを行い、仕事のあり方などを共有しています。